お知らせ

最新情報・プレスリリース

2021年に実物大ガンダム立像が初の海外進出!
『機動戦士ガンダムSEED』のフリーダムガンダム立像を設置

2020年07月13日海外展開

バンダイナムコグループの株式会社サンライズ(代表取締役社長:浅沼誠、本社:東京都杉並区)、株式会社創通(代表取締役社長:難波秀行、本社:東京都港区)は、2021年に実物大のフリーダムガンダム立像を中国の上海市ららぽーと上海金橋前に設置し、展示を行うことを発表いたしました。
 

フリーダムガンダムの立像は、三井不動産グループが中国上海で初めて運営する商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋」の開業に合わせて2021年に展示を開始する予定です。「フリーダムガンダム」は、2002年にTV放送された『機動戦士ガンダムSEED』に登場するモビルスーツで、海外のガンダムファンの間でも高い人気を誇っています。
立像の設置を通して迫力あるフリーダムガンダムをリアルに体感いただくため、東京お台場の「実物大ユニコーンガンダム立像」や、2020年横浜・山下ふ頭にオープン予定の「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(動く実物大ガンダムの展示施設)に次ぐ、海外初となる実物大ガンダム立像プロジェクトの実現に向けて取り組んでまいります。

 

『機動戦士ガンダムSEED』 主人公機:
フリーダムガンダムの立像(頭頂高18.03m)

※画像はイメージです ©創通・サンライズ


 

ガンダムの中国展開に関する発表会「ガンダムG会2020(高达G会2020)」を、2020年7月11日(土)に中国の動画配信サービスBILIBILI動画で生配信いたしました。浅沼誠(株式会社サンライズ代表取締役社長、日昇(上海)品牌管理有限公司董事長)、小形尚弘(株式会社サンライズ 執行役員・プロデューサー)が録画映像で出演し、本件について発表しております。

 

※画像はイメージです ©創通・サンライズ


 

■実物大フリーダムガンダム立像展示の概要
・立像名称:
実物大フリーダムガンダム立像

・設置場所:
「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋」前

・所在地:
中国上海市浦東新区新金橋路738号

・設置時期:
2021年予定

・協力企業:
上海井橋商業管理有限公司(「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋」運営管理)
株式会社乃村工藝社、乃村工藝建築装飾(北京)有限公司(フリーダムガンダム立像制作)


 

機動戦士ガンダムSEED(2002年~2003年)
21世紀に入って初めて制作されたTVシリーズのガンダム作品。
ザフトと地球連合軍の戦争を通じて、仲間を助けるため敢えて地球軍に参加したコーディネイター、キラの苦悩と成長を描いています。中でも、幼馴染でありながら敵対する立場となったアスランとの対立や、途切れない友情についてのドラマティックな演出は、憎しみあわずとも戦いを要求される戦争の不毛さ、悲惨さをより強調しています。
また、主人公機となったストライクガンダムやフリーダムガンダムをはじめ、先鋭的なデザインのモビルスーツが多く登場し、プラモデルは好セールスを記録しました。平井久司氏によるキャラクターデザインも多くの女性ファンをつかみ、ファン層の拡大に繋がりました。
後に総集編3部作や続編『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(2004年)が制作されました。
公式HP:http://www.gundam-seed.net/top/

※本プレスリリースの内容は2020年7月13日時点のものであり、予告なく変更する場合があります。