株式会社サンライズ株式会社バンダイナムコピクチャーズサンライズ、バンダイナムコピクチャーズ 採用案内

スタッフ紹介

プロデューサー

アニメの企画立案、予算調達、契約締結、宣伝、交渉、スタッフィングなど、作品におけるすべての責任を有します。また、制作現場の全工程の統括を担当し、予算、スケジュール、クオリティを管理しながら、作品の展開に沿ったメディアやスポンサー、メーカー等との交渉をするプロジェクトのリーダーです。

制作デスク

制作進行を取りまとめ、作品全体の進行管理を担当します。
制作デスクは、まず、自身の経験や人脈から、作品や各話の内容に合った絵を描ける原画、動画、仕上げなどの各スタッフを探します。そして、クオリティ、スケジュール、予算を検討して各話に最適な人の配置のバランスを考慮して発注先を決定します。また、絵コンテの発注もデスクが担当します。コミュニケーション力に加え、マネジメント力、危機管理力が必要とされます。

制作進行

話数毎に進行管理を行う仕事で、通常、シリーズあたり数名程度でローテーションします。
制作進行は、決められた時間と予算の中でいかにいいものを作るかという制作の使命の中で一つの話数を担当し、各工程のスタッフへの発注の段取りや、実際の素材の受け渡しや回収も行います。また、進行状況を見て影響が出そうな工程のスケジュールを再調整してスタッフ間の橋渡しをうまく行う潤滑油的な役割を果たしながら、作品を完成へと導いていく非常に重要な役割です。多くのキャリアの登竜門であり、進行時代にたくさんのスタッフと知り合い、その能力を見極めると同時に、自分でつくりたい作品の理解者を見つけていくことが重要で、これが後のキャリアパスでの人脈となります。

設定制作

シリーズ全体を通して、主にシナリオ、絵コンテ、各種デザイン等、プリプロダクションにおける進行管理を行う仕事です。ここでの成果物はシリーズ全てに影響するのは言うまでもなく、必要な資料を集めたり、クリエイターに発注する内容について的確なコミュニケーションを取ることが大変重要です。通常、制作進行で経験を積んだスタッフが担当し、のちにプロデューサーのみならず、演出や脚本へのキャリアパスになる場合があります。