採用案内

スタッフ紹介

サンライズIP事業本部 第1企画制作部 第6スタジオ 制作進行 三浦 遼馬

きっかけ

アニメのプロデューサーを志して就活をしていました。そのなかで、サンライズのプロデューサーは、クリエイティブの面(「何を作るか」「どう作るか」)だけでなく、ビジネスの面(「どう売るか」)でもプロデュースできる、数少ない制作会社だということを知りました。今後のアニメプロデューサーにはビジネスの知見が必要だと考え、入社しました。

経歴

サンライズ第1スタジオ

サンライズ第8スタジオで「ラブライブ!サンシャイン!!」の制作進行

サンライズ第6スタジオで「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」の制作進行

会社のここが好き

第一に、お金と勉強の時間というものに対して余裕がある点でしょうか。新人の制作でもそれなりに報酬をもらえていると思いますし、新人研修は充実しており、慣れないうちはスタジオの先輩が丁寧に指導してくれます。第二に、オリジナルIP(※)を創出できる力がある点です。「なにか新しいものを作りたい」という志を持つ方にとっては、良い環境があると思います。
※IP=Intellectual Property:キャラクターなどの知的財産

やりがい

自分の名前がクレジットに乗った時にやりがいを感じます。

ある日のスケジュール

14:00
出社
15:00
制作会議(担当話数の状況を報告・作品全体の状況の確認)
16:00
打合せ(担当話数の作打ちなど)
18:00
食事
20:00
外回り