株式会社サンライズ

企業情報


デジタル制作部を支えるスタッフ
CGデザイナーとは?

サンライズデジタル制作部におけるCGデザイナーは、コンピュータのCGソフト「3dsMAX」を使って、CGの映像を作るスタッフとなります。かつては、CGオペレータと呼んでいましたが、現在はCGアニメーターやCGモデラーなどの仕事も全て総括して、CGデザイナーと呼んでいます。実際に画面に映る映像を作り上げていく作業を行うため、コンピュータを使った専門知識も必要となる仕事です。
サンライズデジタル制作部は、アニメ制作会社の中にあるCG制作スタジオであり、『機動戦士ガンダム』に代表されるロボットアニメなどの、劇中に登場するメカニックの3DCGモデリングの制作からその動きをつけるアニメーションまで、「3DCGでメカを動かしたい!」と思う人には向いている仕事といえるでしょう。
また、アニメーションの中にCGを加えることが主な仕事になるので、作業の途中でアニメーションの演出の方や作画の方とお付き合いする場合があります。そこが、一般のCGスタジオとは違うところでもあります。

CGデザイナーの仕事

具体的な作業としては、3DCGソフトを使用して、CGのモデリング、CGを動かすアニメーション、アニメーションにエフェクトを付ける、最終的には作画のアニメや背景と組み合わせるコンポジットという作業を行っていきます。もちろん、ずっとコンピュータに向かい続けて作業をするだけではなく、監督やCGディレクター、演出など他のスタッフと打ち合わせを行い、完成映像をチェックするなどの作業も行います。
ここでは、主となるコンピュータ上での作業を紹介していきます。

01 モデリング
劇中に登場するメカやキャラクター、怪物などをデザイナーが描いたデザイン画をもとに3DCGとして構築します。キャラクターの形を作り、色や質感を加えることで3DCGモデルとして完成。作品のテイストに合わせた質感や色味などもCGデザイナーの腕の見せ所となります。モデリングデータには、骨や関節をセットアップすることで、アニメーション時にどの部分が動くかの基準を設定します。
02 アニメーション
モデリングデータにセットアップされた骨を動かして、アニメーション(動き)を作成します。躍動感や微妙な演技を加えることで、モデリングデータは生き生きとした動きを見せ、その結果キャラクターやメカに命が吹き込まれます。モデリングされたキャラやメカのイメージを決定する大切な作業であり、イメージ通りに動かし演技をさせるという意味では楽しい作業でもあります。
03 コンポジット
2D合成ソフト(AfterEffects)を使用して、エフェクトや背景などの各種素材をアニメーションをつけたモデリングデータと合成してカットとして完成させます。動きをより強調するエフェクトや、どんな場所で演技をしているのか判る背景と組み合わせることにより完成映像となります。どんな絵に仕上がるかを感じられる部分がコンポジットの醍醐味です。
04 チェック、リテイク
完成した映像はCGディレクターや各話演出が、イメージどおり仕上がっているか、他のカットと違和感がないかなどをチェックします。もし問題があれば、リテイクが入り、問題点を修正していきます。
05 完成
CGディレクターや各話監督からOKが出れば、カットとして完成。作業は終了となります。
スタッフインタビュー:CGデザイナー編
CGデザイナーQ&A

Copyright SUNRISE ©SUNRISE  注意:内容および画像の転載はお断りいたします。  お問い合わせはこちら。