株式会社サンライズ

企業情報


次世代の映像を切り拓く
サンライズ・デジタル制作部とは?

かつてアニメーションは、セル画に色を塗り、フィルムを使って撮影する「アナログ」な技術で制作されていました。しかし現在は、コンピュータを使ったアニメーション制作が主流となり、アニメーションはほぼ完全にデジタル化されています。その結果、制作時間の短縮、これまで不可能であった映像の表現、映像の高解像度化などが可能となりました。
デジタル技術はアニメーション制作にさまざまな恩恵を与えながら、現在も日進月歩のスピードで変化し続けています。
サンライズ・デジタル制作部は、デジタル技術を駆使することで、サンライズが制作するアニメーションに新しい映像的インパクトを与えるべく、日々進化するデジタル技術、CG技術の可能性を追い続けています。

デジタル制作部の仕事

デジタル制作部は、サンライズというアニメーション制作会社のCG部門です。デジタル制作部では、デジタル技術やCG技術を駆使した映像の制作を行っています。
主に、アニメーション作品内の3DCGやデジタルエフェクトの制作、フル3DCG作品の制作、アニメーション以外のデジタルコンテンツの制作を担っており、デジタル時代だからこそ求められるアニメーションに関連する新しい映像への取り組みが主な仕事と言えるでしょう。

その1:3DCGを使ったCG作品の制作

デジタル制作部のメインの仕事となるのが、3DCGを使ったアニメーション用映像の制作です。かつてのアニメーションでは、複雑な形状を持ち、細かいディテールが描き込まれたメカやロボットも、アニメーターの手で描いて動かしていました。しかし近年では、それらメカニックのアニメーション表現の多くを3DCGが担っています。
3DCGを用いることで、それまでの手描きのアニメでは不可能であった複雑な形状、細部にまでこだわったディテール、機体に描かれたマーキングや塗装なども正確に再現することができるようになり、映像表現の幅が大きく広がりました。また、3DCGを使用して、メカの表現だけでなく、架空の生物や怪獣、ゲームと連動した3DCGによるキャラクターをアニメーションで動かすということも可能となっています。
デジタル制作部では、近年の2Dのアニメーションの中で効果的に使われる、3DCGで制作されたメカのモデリング、それらに動きをつけるアニメーションの作業、さらにはデジタルエフェクトによる画面効果を加えるという作業を行い、アニメーションの完成度を高める仕事を行っています。

フル3DCG作品
  • 『機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線』
    人気アニメ『機動戦士ガンダム』の舞台となった「一年戦争」における別の戦場の物語。劇中で活躍するメカだけでなく、キャラクターも3DCGで再現したフル3DCG作品となっている。
    機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線 image1機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線 image2機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線 image3機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線 image4
  • 機動戦士ガンダム MS IGLOO 1年戦争秘録
  • 機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079
  • トウキョウパニッククールズ
2Dアニメと3Dアニメの融合
その2:アニメーション以外のデジタルコンテンツの制作

近年、映像はテレビや映画だけではなく、様々なところでメディアミックスの手段として使用されています。インターネットでの配信はもちろん、イベントで上映する特殊映像、立体視用の3D映像、携帯電話やスマートフォンに向けた配信、インターネットによる映像中継。これらの他のメディアに露出されていく映像の表現の幅や可能性に対しても、サンライズデジタル制作部は注目しています。そうした、日々変化している映像配信の環境や手段に適合しつつ、もっとも効果的な映像表現とはどのようなものであるか? デジタル制作部では、様々な可能性を模索しながら、映像コンテンツの制作を行っています。

サンライズデジタル制作部 作品集
デジタル制作部を支えるスタッフ

デジタル制作部の主なスタッフとなる職種は2つ存在します。ひとつはデジタル映像を完成までに導く管理を行うCG制作進行。もうひとつが実際にコンピュータを使用して3DCGを駆使したデジタル素材を制作するCGデザイナー。
デジタル制作部を支える人材にして、デジタルクリエイターの入り口とも言える2つの職種に関しては、それぞれのリンク先でより詳しく紹介します。

スタジオ風景

CG制作の為の取材-火力演習見学

Copyright SUNRISE ©SUNRISE  注意:内容および画像の転載はお断りいたします。  お問い合わせはこちら。